奥様が亡くなった。その奥様が、されてた結婚指輪。アナタならどーしますか?(T_T)埼玉県川口市今様フルオーダーメイドありがとうございます!

いつもバカな話してるけどね

今日は「ハンカチ用意」ですよ(T_T)

ん?

ハンカチ王子じゃねーよ!

バカ!(-_-メ)

(空気よみなさいよアンタ!)

 

いきなりですが・・・いいですか?

最愛の人が亡くなって、手元に残った遺品。

アナタならどーしますか?

 

大事にとっておく。

(あたりまえじゃ。)

宝箱に入れておく。

(う~ん。。。まぁ・・・つぎは?)

質屋に入れる。

(あー。オマエがイケばよかったのにね(-_-メ)ろくな死に方しねーぞオメ)

 

まぁ、いろーんな意見ありますが、できれば

肌身離さず一緒にいたいよねぇ。

できるの?

できるよ!

ウチにまかせればね!

 

えーと、その前にね、こーゆー話が不謹慎だとか縁起が悪いとかいうバカは、ここから先読まなくていいよ。

現実これから起こる「人の死」に対して、葬式のひとつやその後を考えないほうが「どーかしてる」と思うしねぇ(*´Д`)

視野を広げて読んでくれたらウレシイっす♪

 

で・・・

なんだっけ?

 

そーそー。

こんな話からのオーダーメイド。

 

オレこーゆー話よわいんだよねぇ~(T_T)

仲良いご夫婦。

一年前の今の時期に「ガン」で奥様が亡くなりました。

奥様の遺品「結婚指輪」

お友達が「遺品」を預かった。(今回のオーダーご注文者様)

なんとかして、イイモノでお返ししたい。(少しニュアンス違うが)

ネットでいろいろ「形見」で検索したが、暗そうなモノばかりで何か違う。

そして、怪しい革屋「ウチ」が登場!

ちょっと職人さんが怪しげだけど、イイモノ作ってくれそーだし、近所だから行ってみよかしら?

で、ご来店。

ご相談、デザインを一緒に考えて正式オーダー。

 

まーこんなところ。

 

最愛の妻の左薬指を纏った「一生輝くモノ」を温もりある革製品で包み込み、一生涯肌身離さず寄り添う!

サブタイトル長い!すまん。

さぁ!

製作いくぜよ!

まずは型紙つくりじゃ。

 

今は亡き奥様のリング丁重に取り扱いいたしました。

奥様!暫くの間、お借りしますね!

カタチは、クロシェット型。

すず・ベルってコト。

奥様。今気づきました。

刃先向けて、ホントごめんなさいm(_ _)m

でね、ミシンではなく

やっぱ手縫いで魂を込めますよ!

ジャストサイズ!

宗教的や思想的なコト言うつもりはないんだけど・・・

なーんかね、こっから「導かれるようにして作った感」がしてならねーワケよ。

いや、マジで。

リングの内側を確認。

このタネあかしは最後の方に。

奥様。おまたせいたしました。

温かくしてさしあげましょうぞ!

あら~!

ピッタリやんけ。

ホント今回は途中の修正なかったな。不思議じゃぞ。

最後にゴールドキーリングを付けて終了。

 

形見結婚指輪リング・クロシェットカバー完成!

収納時

引っぱると出てきます。

このままでは、肌身離さず持ち歩けないので

レザーストラップも一緒に。

ズボンのベルト通し、などに通せます。

で、さきほどのタネあかし

内側の刻印を一文字づつ確認して・・・

(最近、老眼っぽいよーな(-.-;))

ご注文者様からの依頼ではなく

ワタクシの好意により、ささやかな革屋ならではの「刻印タグ」を製作いたしました。

ちなみに「メモリーズ・フォーエーバー」は、ワタクシが考えた。

1989.2.19 AtoN

がリング内側に刻印されてました。

なーんかイイね(*^^*)

丁寧にラッピング。

奥様。お世話になりました。ありがとうございました。

最後に読んでくれたら

ワタクシは、今回のオーダーを通して、なにか「人のために一生懸命やった感」がハンパなく、すごく自分にとっても良かったと実感。

もちろん、小さい製品から大きい製品すべて一生懸命やってますけどね。

革職人ならでは。

小さな革工房だからできるコトってあるんだなー、と思った。

大手メーカーでは、絶対にやってくれないからね!

 

みなさまへ~お問合わせと参考価格

今回の記事を通して、もし「自分もアノ大切な人の形見を革製品で作って欲しい!」と思ってくれたなら、どうぞお気軽にお電話・メールお問い合わせくださいませ。

ココロから一生懸命お作りいたしますね!(*^^*)

 

埼玉県川口市今様!

このたびは、このような機会を与えてくださり感謝申しあげます。

少し?涙ぐんだ今様の姿が印象的でした!

(↑涙ぐんでねーよ!はナシでー。)

 

おしまい

 

 

<Bateisha Professional Leather>

Design & Technical Director/Soutatsu Aoki

埼玉県川口市西川口2-18-1堀内ビル1F

Tel/048-299-9802

Mail/info.bateisha@gmail.com

 

リアルタイム情報

コメントを残す