【一年半後の変化を見よ!】お修理&メンテナンス依頼/東京都三鷹市・奥富様~だれでもわかる魅力!栃木レザーキャメル素材の経年変化

ご購入された時が、2016年2月。

総手縫いiphone6スマホケース

※販売価格¥9,800(3種類カードポケット選択増設が料金内)

そんな製品のハードケースお修理&メンテナンス依頼です。

この総手縫いスマホケースは「ハードケース破損時に交換できる唯一のスマホケース」です。

まずは、お修理前の状態。

東京都三鷹市 奥富様 お修理&メンテナンスのご依頼ありがとうございます。

<お修理箇所>

・糸のほつれ

・ハードケース破損

素晴らしいエイジング(焼け)です!

所有者様の「愛情をスグ確認!」できました!

糸は手縫い用の麻糸ですから、ハードな使用では耐久性に難あり。

ただ、手縫い製品は「全部バラシの修理」が可能です。

これを製作していた時は、まだ小さな部屋で作ってた時です。

私を本気にさせてしまった革製品の修理!

お客さまからは、「糸のほつれ」と「ハードケース交換」でしたが・・・

完全に私の魂を燃えあがらせてしまった!

最高なエイジング飴色の革製品。

ガッチリ修理してやるぜ!

と、私の革職人スピリッツを100%…いやいや200%全開です。

修理開始

まずは、糸を全ハズシ。

ご依頼者様からは、外周を縫い直してほしいとご指示ございましたが、周りが新しい糸で、中が古い糸ってのは、私「気にくわない!」のですよ。

麻糸でも比較的強度ある手縫い糸をチョイス。

生成りカラーで粋に。

気持ちの良い無垢な白。

ハードケース破損。

こんなこともあろうかと「総手縫い仕様の特権!ハードケース交換できるタイプ」で仕立てました。

せっかくなので、ホック部分の金具も新品に!

裏側の面を、しっかり磨きなおします。

こんなところもウチはマメです。

量産品にはない技術の差。そして、意識の差。

貼り合わせ。

お客様の手入れ状態が一発で、よく分かります。

ズバリ!汚れまったくない。

この茶色い部分

ヨゴレではなくエイジング(焼け)なのです。

縫い合わせて、断面の処理。

ヤスリで削る。

そして、布海苔で磨き込む。

コテを熱し、蜜蝋で焼き締める。

ケース取付。

本体に取り付ける金具の穴を加工。

お修理&メンテナンス後の製品紹介

右は新品時。

左は1年半後。

最高品質な栃木レザーキャメル素材だから、ここまで味わい深くエイジング(焼け)できるのです。

無名ブランドの牛革素材はムラがでてしまい、ここまでキレイに飴色にはなりませんよ。

栃木レザ-は、ムラなく型崩れなく経年変化を味わえるのです。

東京都三鷹市 奥富様。

このたびは、ご愛用下さりまして、本当にありがとうございました。

作り手冥利に尽きます。

素直に嬉しかったです。

これからも末永いご愛顧の程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

<Bateisha Professional Leather>

Design & Technical Director/Soutatsu Aoki

埼玉県川口市西川口2-18-1堀内ビル1F

Tel/048-299-9802

Mail/info.bateisha@gmail.com

 

 

リアルタイム情報