他社様への挑戦記事!?【他社様の革製品購入で本当にココまでやってくれますか!?】ウチの自慢アフターフォロー!長野県上田市の久保田様スマホケースお修理(‘ω’)ノ

2016年2月。

ちょいちょいオーダーを頂くようになった、この頃。

この頃は、ショップを本格的に構えることに、まだ迷いがありました。

とはいっても、物件探しに明け暮れていましたが( *´艸`)

↓まだワンルームで寂しく作業してた時。哀愁漂うでしょ?(-ω-)/ピンクの100均の糸きりバサミとか使ってるしw

現在だよん(‘ω’)

馬蹄舎プロフェッショナルレザー

そんな頃のオーダー・スマホケース製品が、わが工房に帰還してきました(*’ω’*)

 

長野県上田市の久保田様スマホケースお修理(‘ω’)ノ

お帰り♪

お修理にあたって、中途半端なコトしたくないので、すべての部品は「総取り換えが基本」です。

一番大変なのは、意外とハードケース外す作業。

外れた。

手縫い糸ほどき。

ココまでくれば、気が楽です(-ω-)/

毛羽立ちを抑えるためにも、布海苔でゴリゴリ磨いて、ツルツルにしました。

水分入っているので・・・

2~3晩乾かし放置(-ω-)/

作業再開!いきますよ!

バラしたパーツを糊付け。

あ。

先に取り付ける金具を(*’ω’*)てへぺろ♪

手縫い作業準備。

手縫い用麻糸に蝋付け。

※蝋はハチさんの蜜蝋のコト。

丁寧に手縫い。

もちろん、50年後の修理も大丈夫です♪

うしろの2代目若社長が直してくれますよ( *´艸`)

(多分・・・w)

縫い作業終了。

ん?

まだ終わらんよw

カメラ穴を特殊オリジナル樹脂で塗る。

革の断面部分をガリガリ削る。

ガーリガーリくーん♪

で、布海苔で磨く。

ツルツルやろ(;´Д`)

 

まだまだ~!

蜜蝋を革の断面に焼き締める作業。

コレでハリ&コシ&耐水性がアップして、購入時の感触を復活させることができます。

量産品やデパートで売ってる革製品では、絶対にできない作業。

ウチが「革素材の魅力を最大限に引き出しているシンプル・デザイン」は、コレができるからなんですよ( ゚Д゚)

ぶっちゃけ・・・

使用中トラブル&お修理が可能になるようなデザインを計算して、製品開発してますm(__)m

新品ハードケースに穴あけ加工。

新品金具でハードケース固定。

もちろん、開閉部分の金具も新品に♪

取り付けたが、コレだけでは、スマホ本体にキズつくよね・・・

だから、ハードケース脱脂して・・・

保護シール貼り付け。

作業終了だよ(‘ω’)ノ

お修理スマホケース紹介

右は、栃木レザー/チョコ「機種/ARROWS NX F-02G 」

左は、栃木レザー/キャメル「機種/iPhone 6s Plus」

経年変化~エイジングもキレイですね(;´Д`)ハァハァ

栃木レザー/チョコ「機種/ARROWS NX F-02G 」

栃木レザー/キャメル「機種/iPhone 6s Plus」

本革製品でのスマホケース販売は数多くあります。

決して、他社様をディスる訳ではございませんが・・・

他社様の革製品購入で、アフター修理ココまでやってくれますでしょうか??

というのも、私が本革スマホケースを販売した真意が、ひとつココにあるのです。

わずか2~3年の付き合いのスマホケースですが、その2~3年間は

アナタの肌身離れずに、そっとよりそってくれるスマホ。

それを保護するスマホケース。

そんな現代人にとって、命と同じくらい必要なライフライン~スマートフォン携帯電話カバーを

大切に使い続ける。

バイヤーは売ったら終了、ではダメなのです。

味わい深くなる本革のスマホケース。

一流素材の栃木レザー。

はっきり言わせてください。

まちがいなく・・・

アナタの品格とセンスを上げることができます。

他社様との差別化。

アフターフォローもウチの売り。

ご購入、ココロよりお待ち申し上げますm(__)m

☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★

<Batiste Professional Leather>

Design & Technical Director/Soutatsu Aoki

埼玉県川口市西川口2-18-1堀内ビル1F

Tel/048-299-9802

Mail/info.bateisha@gmail.com

 

リアルタイム情報

コメントを残す