【グロ画像あり】商品が生まれるまでの長い道のり~愛情と魂をこめた商品を提供するために。

こんばんは。

今日は、商品が生まれるまでの長い道のりを紹介したいと思います。

先日、新作販売開始いたしました

カードケースを例にあげます。

製作にあたっては、スピーディ&丁寧に仕立てられることは当たり前ですが、そこまでたどり着くまでには、大変な努力と労力が必要なのです。

何回も何回も(平均~5~6回)試作を重ねて

商品には使用できない革素材で、少しづつ理想のカタチにするのです。

じぶんをキズつけても、理想の機能性&デザインにこだわり続けるのです。

商品に使用する革素材を使用して「次で完璧かな?」と思っても、絶対にカタチになりません。

新商品開発には「じぶんカラダコンディション万全」でなければ、絶対にイイものがつくれません。

なので、決まって前の晩に早く寝て~早朝起床からの製作~3日間ぐらい続けての作業をしているのです。

そして、いよいよカタチ商品化できると思うワケですが、更なる困難が立ちはだかり続けます。

製法技術においての「仕立て感覚」をカラダに叩き込むのです。

びっくりするかもしれませんが、ミシンは機械だからといって、マニュアルなんてないんです。

革素材の状態により調整が毎回違うのです。

糸調や、各微調整なども「完全な人間の感覚」で仕立てているのです。

これは、何百製品~何千製品と作り続けた人間にしか、絶対に分からない領域です。

1回、2回では絶対に出来ない領域。

何回も失敗し、カラダをキズつけ、革素材のロスを何十万分と犠牲にした人間にしか会得できない「技」です。

そんな苦労を重ねて、たった1品の革製品が産声をあげるのです。

この商品に「魂や愛情」がこもってないワケなんてありません。

いかがでしたでしょうか?

こんな苦労を重ねて商品化し、皆さまから本当にたくさんの御注文をいただいております。

ひとつひとつ特別な思いをもって仕立てている革工房馬蹄舎プロフェッショナルレザー&革職人の代表青木ですが、おかしいでしょうか?

ご縁あれば、ぜひご用命くださいませ。

いっしょうけんめいお仕立ていたします。

 

☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★☆ ★

<Batiste Professional Leather>

Design & Technical Director/Soutatsu Aoki

埼玉県川口市西川口2-18-1堀内ビル1F

Tel/048-299-9802

Mail/info.bateisha@gmail.com

リアルタイム情報

コメントを残す