【製作風景】当工房ブランドのショルダーベルト仕様変更&ミニトランクBOXの修理いたします。埼玉県川口市の大川様ありがとうございます。

こんにちは。

さて、本日は当工房ブランドのショルダーベルト仕様変更作業をしたいと思います。

元々は、↓コチラミニトランクBOXに合うカタチでのショルダーベルトオーダーいただきました。

ついでに、ミニトランクBOXの根本金具部分の修理もいたします。

埼玉県川口市の大川様、今回もどうぞよろしくお願いいたします。

ハンドメイド&オーダーメイド革製品

 

製作風景

ショルダーベルト仕様変更です。

1枚革→表裏2枚貼り合わせ仕様に変更いたします。

続いて、ミニトランクBOX(社外品)のお修理いたします。

この製品は、豚革ですね。

この「三角な点」これは豚さんの毛穴の特徴です。

ただ、タンニングなめしですから経年変化が味わえます。

お修理箇所は、ショルダーベルトを取り付ける「本体の根本金具部分」です。

重い荷物を入れすぎてしまったようです。

ムリに重いものを入れるとトラブルの原因となりますので、そのバッグ容量を考えた収納をしてくださいね。

ちなみに本体の構造素材は「厚紙」です。

厚紙で形をつくり、その上から「豚革を貼り合わせ」したようです。

当工房は、社外品でも「一発で、そのバッグの構造」など分かり、その対処ができる技術を提供できます。

更に、海外品なのでウイークポイント(弱点)を補う作業はしていないです(汗)

これでは、良い金具を付けても、ベース強度(本体)がないのでダメです。

なんてったって本体は紙ですから。

オリジナルを重視したいので、強度ある牛側で「表裏」に革をあてて、割金具を取り付けたいと思います。

内装の布を剥がしますが、紙が出てきますw

これで大丈夫。

オリジナルよりも強度が増し増しです。

ただ、過度な重さの収納は禁物です。

最後に内装をボンド接着して終了です。

グラつきなし。

では、完成製品紹介を。

 

仕様変更&お修理完成

社外品のお修理は、少々、高くなりますが、ご相談は無料です。

ココロより「ご注文&お問い合わせ」おまちしております!

 

感謝を込めて

馬蹄舎プロフェッショナルレザー

青木

コメントを残す