革のカラーと素材種類

馬蹄舎プロフェッショナルレザーは、お好みの牛革カラーや縫い糸カラーでのオーダーメイドが無料で製作できます。
牛革素材は、「ハリとコシのあるタンニングレザー」や「シミやヨゴレがしにくいソフトシュリンクレザー」など、数種類の取り扱いがございます。
お仕立てするオーダーメイド製品により、最適な牛革素材を御提案させていただきますので、お気軽にご相談くださいませ。

1.牛革タンニングレザー

ハリとコシのある「ツヤがでてきて~色が濃くなる」エイジング(経年変化)が期待できる牛革素材です。
当ショップの定番牛革メイン素材(国産)です。
この素材で、すべての製品を仕立てることができます。



ツヤの経年変化:★★★★☆
色濃度の経年変化:★★★★☆
水シミ対応:★★★★☆
ヨゴレ対応:★★★★☆
軽さ:★★★☆☆
しなやかさ:★★☆☆☆

<向いている製品>
バッグ・財布・スマホケース・キーケース・カード名刺ケース・ベルト・ストラップ・各種アクセサリーなど

<不向きな製品>
とくになし

牛革タンニングレザーを使用した製品

 

 

 

2.牛革ソフトシュリンクレザー

しなやかで軽くて扱いやすい、ソフトな牛革素材です。
ヨゴレや水シミなどに対しての耐久性が非常に高いです。


ツヤの経年変化:★☆☆☆☆
色濃度の経年変化:★☆☆☆☆
水シミ対応:★★★★★
ヨゴレ対応:★★★★☆
軽さ:★★★★☆
しなやかさ:★★★★★

<向いている製品>
バッグ・コインケース・カードケース・アクセサリーなど、ふっくらしたデザイン製品

<不向きな製品>
大きな財布・スマホケース・キーケースなどカタチがハッキリとしたデザイン製品

牛革ソフトシュリンクレザーを使用した製品

 

3.豚革ピッグスエードレザー

おもに、牛革製品の内装用としてピッグスエードレザー(豚革)を貼り合わせております。
豚革の特長は、通気性の良さに定評があります。
特に湿気の多い日本にとっては、最適な素材と言えるでしょう。
「肌触りの質感」と「上品な風合い」
オーダーする革製品に裏貼りカスタムすれば、ハイクオリティ・オーダーメイド革製品の誕生です。
※ピッグスエードは厚さが薄いので、製品を製作することはできません。あくまで副革資材です。

豚革ピッグスエードレザーを使用した製品


どうぞお気軽に、ご相談・お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはコチラ

関連記事