リメイクオーダー ルイヴィトンバッグからスマホケース2個製作

RE-02 ルイヴィトンバッグ→スマホケースリメイク 東京都練馬区 江川様

プロローグ

こんばんは。

いつもご常連のお客様には、色々と支えていただいております。

ショップの営業中にレアチーズケーキの差し入れ

佐藤様いつもありがとうございます!

口当たりなめらかで、美味しくいただきました!

ルイヴィトンバッグからスマホケース2個を製作したリメイク風景

さて、本日のブログ・メイン記事

ブランド製品ルイヴィトンバッグからスマホケース2個を製作したリメイク風景のご紹介をいたします。

それでは、今回も最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

まずは、リメイクの元になるルイヴィトンバッグです。

今回のリメイクオーダーご依頼者の江川様ありがとうございました。

お客様には、ショップに直接お越しいただき色々なご相談、希望するデザインや形状フォルムを打ち合わせさせていただきました。

革包丁でバラしていきます。

分解裁断完了です。

ここから一部を利用して、スマホケース2個を製作いたします。

この真ん中の裏地生地1枚は、ボロボロで再利用不可能ですから処分です。

ルイヴィトン・モノグラム柄の「柄合わせ」作業です。

裁断位置は決定いたしました。

LVトレードマークは2ヶ所にしたかったのですが、面積位置の関係上、不可能なので折り曲げ部分にあたる所になります。

これは、物理的に不可能です。残念。

ルイヴィトンモノグラム柄の生地は表、内面は当工房の取り扱い定番革素材の牛革ナチュラルヌメ革を使用いたします。

そのまま使用するのは、厚さがあるので「革漉き機械」で薄くスライスいたします。

開閉部分のベルトを作ります。

お客様の希望で「ネーム焼印(レーザー焼印機)」いたしました。

裏面には記念日を焼印しました。

内面パーツ製作。

裁断してキレイに仕上げます。

裁縫前にフチ部分(コバ)の染色バニッシュ加工を施します。

ブランド品のフチ染色技法と同様の技術で「マットでキレイなディープブラウン系」に仕上げます。

裁縫です。

ルイヴィトンモノグラム柄の生地にヌメ革は相性抜群です。

オリジナルと同様のカラーバリエーションです。

そして、最終フチ染色バニッシュ加工。

ハードケースや開閉フラップベルトの金具を取り付けて完了です。

残った生地は丁寧にまとめて、ご依頼者様に返却いたしております。

残った生地で、また色んな製品がリメイクできそうですね。

ルイヴィトンスマホケース・リメイク仕様の完成

ルイヴィトンバッグのモノグラム柄生地を再利用して製作した、ステキなリメイクスマホケースが完成いたしました。

ルイヴィトンモノグラム柄の「柄合わせ」もバッチリです。

内面のヌメ革も品格があって良いですね。

焼印もオシャレで可愛いです。

フチもキレイに仕上がりました。

今回のご依頼者・江川様には「本物みたい!」とお褒めのお言葉をいただきました。
江川様、今回のリメイクオーダー本当にありがとうございました。

感謝をこめて
馬蹄舎プロフェッショナルレザー
青木

ショップに来てみませんか?

今回のお客様は、ショップに直接お越しいただき

希望するデザインなどの打ち合わせをさせていただきました。

ご来店での革製品リメイクご相談~またはオーダーメイドご依頼や購入も大歓迎でございます!

ココロからアナタ様の御来店おまちしております!


SNSもフォローよろしくお願いいたします!
Instagram https://www.instagram.com/soutatsuaoki/
Twitter https://twitter.com/bateisha
▶facebook https://www.facebook.com/soutatsuaoki