ルイヴィトンバッグからスマホケースのリメイクオーダー製作~埼玉県さいたま市ツヅカ様ありがとうございました

RE-03 ルイヴィトンバッグ→スマホケースリメイク 埼玉県さいたま市ツヅカ様

プロローグ

おはようございます。

先日にお伝えした、展示品等の処分お手頃価格のワゴンセールは、相変わらずの好評で在庫がスグになくなってしまいます。

ご常連様には「アタシ達だけのオトクな情報を拡散しないでくれ!」と怒られましたw

今回のリメイクオーダー製作風景

さて、本日のブログ・メイン記事

ブランド製品ルイヴィトンバッグからスマホケースを製作したリメイクオーダー作業風景のご紹介をいたします。

それでは、今回も最後までどうぞよろしくお願いいたします。

まずは、リメイクの元になるルイヴィトン・クラッチバッグです。

今回のリメイクオーダーご依頼者のツヅカ様ありがとうございました。

お客様には、ショップに直接お越しいただき色々なご相談、希望するデザインや形状フォルムを打ち合わせさせていただきました。

革包丁でバラしていきます。

今回のスマホケース機種はGalaxy A30です。

もちろんルイヴィトン正規店では取り扱い&製作はしておりません。

型紙を起こして、柄合わせ配置カットです。

裁断完了です。

内側のバックスキンにはピッグスエード・キャメルをチョイスいただきました。

バックスキン貼り合わせ圧着作業。

余分な部分のチリ落とし裁断。

ルイヴィトンモノグラム柄の生地は表、内面のポケット部分は当工房の取り扱い定番革素材の牛革キャメル革を使用いたします。

ヴィンテージ配色がセンスあって良いですね。

余分な部分のチリ落とし裁断。

革ミシンでの裁縫仕立て。

裁縫が終わったら、フチ部分(コバ)の染色バニッシュ加工を施します。

まずは下地剤を塗布。

ブランド品のフチ染色技法と同様の技術で「マットでキレイなディープブラウン系」に仕上げます。

ケースの金具を取り付けて完了です。

今回のリメイクオーダー完成製品紹介

ルイヴィトン・クラッチバッグのモノグラム柄生地を再利用して製作した、ステキなリメイクスマホケースが完成いたしました。

ルイヴィトンモノグラム柄の「柄合わせ」もバッチリです。

内面の「ポケット部分キャメル牛革」そして「バックスキンのピッグスエード・キャメル」もヴィンテージ感があって良いですね。

フチもキレイに仕上がりました。

ツヅカ様、今回のリメイクオーダー本当にありがとうございました。

またの機会ありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

感謝をこめて
馬蹄舎プロフェッショナルレザー
青木

ショップに来てみませんか?

今回のお客様は、ショップに直接お越しいただき

希望するデザインなどの打ち合わせをさせていただきました。

ご来店での革製品リメイクご相談~またはオーダーメイドご依頼や購入も大歓迎でございます!

ココロからアナタ様の御来店おまちしております!


SNSもフォローよろしくお願いいたします!
Instagram https://www.instagram.com/bateisha_craftsman/
Twitter https://twitter.com/bateisha
▶facebook https://www.facebook.com/soutatsuaoki